スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

よくある質問



東日本大震災以来、自分の家の耐震性に不安を感じ、耐震診断や耐震リホームを検討したいのですが?



建築物の耐震基準は1981年6月に改正され、この基準によって建てられた家は阪神・淡路大震災での倒壊被害も少なかったと報告されています。
まずは自分の家が改正前後のどちらで建てられたかの確認をして下さい。

お住まいの市町村の建築課に問い合わせると耐震診断を引き受けている専門家を紹介してもらえますし現在耐震診断や耐震補強・改修に対する補助金・助成金制度を実施している自治体が多くありますので、ご確認のうえ、うまく活用して我が家の耐震性を見直してみましょう。


我が家の耐震度を自己診断できるホームページもあります。 (財団法人 日本建築防災協会)

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html

災害復旧隊

この度の東日本大震災にて被災された多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます。


震災から1ヶ月が経ちますが、余震も続き不安も増す中で、この大きな自然災害と直面している被害者の方々のお気持ちを察すると本当に辛い思いです。


被災地の方々の為に『我々で力になれることは何か』ということを考えて友好都市でもあります宮城県名取市の協力要請を受けて上山市と上山建設クラブで「災害復旧隊」を結成し4月5日より名取市閖上(ゆりあげ)地区で活動しております。




この災害の悲しみは言葉では言い表わせない程深いものではありますが、一日でも早く元気な日本に戻れるよう皆さんと一緒に頑張っていきたいと思っています。

がんばれ東北 !

1/1